正しい知識でニオイ対策

お尻

気になるあそこのニオイ

女性にとって大切なデリケートゾーンであるまんこ。繊細な部位であるまんこは、ムレや痒みなどのトラブルも起こりがちです。また、特に気になるのが臭い。足や脇の臭いはデオドラントスプレーなどで頻繁にケアしていても、彼氏や旦那さんなどの特別な人でないと分かりにくいのがまんこの臭い。彼氏に、おまえのまんこの臭いよね、なんて言われたらショックですよね。そうなる前に、正しい知識で丁寧にケアをしましょう。そもそも、まんこが酸っぱいような臭いをするのは膣内が酸性を保つようになっているからです。その酸っぱい臭いは当たり前のことなのですが、それが強烈かそうでもないか、によって不快かそうでないかは決まります。臭いの原因で最も多いのが雑菌の繁殖です。女性の膣内は善玉の乳酸菌によって酸性を保つことができます。しかし、まんこの洗いすぎ、免疫力の低下、ストレス、摩擦や性行為の過多、生理前後の不安定な時期などの要因は、善玉菌を減少させ細菌を繁殖させてしまうのです。こうなると自浄作用が弱くなるのでおりものが増え、強烈な臭いを放つようになります。この場合、最大の対策は殺菌することです。普段の石?などでは落ち切らない殺菌がまんこにはあるので、肌に優しいデリケートゾーン専用の商品を用いて洗浄やケアをしましょう。また、Vラインの臭いケアには専用クリームを使用しましょう。原因となっている菌を殺菌し繁殖を抑えることで臭いを抑えることができます。そして、通気性のよい下着などでムレ対策、アンダーヘアのお手入れなどで膣回りの清潔を保つことも大切なポイントです。また、免疫力を低下させないために、規則正しい生活や食生活、ストレスをためないなど、生活習慣も見直しましょう。正しいお手入れで、清潔で愛される体を手にいれましょう。